海外駐在員のブラックすぎる日々① 「ゴルフ」「接待(飲み会)」「休日出勤」のどれかで終わる休日

「プール付き」「セキュリティーOK」のおしゃれなフィリピンのコンドミニアム(日本で言うマンション)に住む海外駐在員達。

 

給料もたっぷりでお金の心配もなし。

運転手付きの車もあって、フィリピン内の移動も心配なし!

プチセレブなフィリピン生活。

f:id:kanatasaya:20180312191804j:plain

海外就職先で会ったそんな恵まれた待遇を持つ海外駐在員達。

そんな駐在員達はフィリピンでの生活を...

 

 

ほとんど全員、楽しんでいませんでした。

 

 

 

プチセレブな生活を楽しむ時間がまったくなかったからです...。

 

現地採用だった私は休みの日は自由に過ごせましたが、駐在員達は違っていました。


駐在員の場合は休日になると次のイベントのどれかが待っていました。

 「朝4時起きのゴルフ接待」
「取引先・重役との接待(飲み会)」
「休日出勤」 

f:id:kanatasaya:20180312191916j:plain

貴重な休みを容赦なく潰しにかかるイベント。

 

仕事だけでも十分に疲れていた私だったらすぐに死亡する自信があります。

f:id:kanatasaya:20180312192026j:plain

しかし。大事な仕事でもあるそれらの「イベント」を断ることが出来ない駐在員達は参加するしかありません。

 

駐在員達の中で「フィリピン、ゴルフ、飲み会、人と話すのが大好き!」と言っていた人はストレスを感じることなく、フィリピンでの生活をかなり楽しんでいました。

 

だが。

 

そうでない駐在員達はものすごいストレスをためていました...。

 

私の上司もそう感じていた駐在員の一人で、仕事中にときどき「日本に帰りたい...」と本気で呟いていました...。

f:id:kanatasaya:20180312192147j:plain

そしてあまりの激務に駐在員のほとんどが体を壊していました...。


ただでさえ夜遅くまで残業する忙しさに加え、休みの日は「仕事同様のイベントでなし」になる駐在員の生活。


会社が後にブラック化して持ち帰り残業付きの休みが週一日だけの生活になっても、まだ現地採用の私の方がマシに見えました。

 

一緒に仕事をした駐在員達は確かに「給料」「住む場所」は恵まれていました。


でも...。

 

その代償は日本以上に体と心が休まらない日々でした...。