海外就職に成功!そして失敗

英語力じゃない。外資系の社員が優秀に見られてしまう理由。

外資系の外国人社員が優秀な理由を知ってる?」

突然の上司からの質問。仕事をしていた私は一瞬ポカーンとしました。

f:id:kanatasaya:20180223224126j:plain

「なぜ急にそんなことを?」と思いながらも、真顔の上司を見て真剣に考えました。

 

私「...仕事ができて、結果を出せるからでしょうか?」

上司「確かにそうだけど、他には?」

私「うーん...能力が高いからですか?」

上司「具体的に言うと?」

私「えっと...」

 

答えに詰まる私に上司はこう聞いた。

 

上司「じゃあ質問を変えよう。君をどこかの日系企業の面接官としょう。その会社は事務員を探していた。そこで電話、スマホやパソコンの使い方が一度も使ったことない、でも日本語は話せます!」だけの人が来たら採用する?

f:id:kanatasaya:20180223224637j:plain
私「それは...さすがに厳しいので採用しません」

上司「だろうね。日本人なら日本語が話せるのは当たり前だからな。そしてそれは外資系も同じだ。英語がしゃべれるのは普通のことだ。だから外資系にいる外国人の社員必ず"何か"特別なスキルを持っている人しかいないんだ

 

考えてみればそうだった...!


英語が出来て当たり前の環境で他に”スキル”がなければただの人になってしまう...。そんなことを思い出す私に上司は続けた。

 

上司「日本人は『英語が出来る』というだけでまだ有利になることは多い。けど、外国人の場合はそれは通用しない。だから外資系に自然と優秀な外国人が集まるんだ。そしてそれは外資系にいる日本人にも求められることだ。外資系にいる以上『英語が出来る』のは当たり前だ。結果を出すのもそうだが「他に何ができるか?」が大切なんだ

 

この話を聞いてドキッとしました。
なぜなら私が外資系の面接を受けた時、「英語で仕事をしたことある」経験を元に『英語力』をかなりアピールしたからです。

f:id:kanatasaya:20180223225334j:plain

 

私が日本人じゃなかったら切通用しなかったでしょう。

 

そして同時に気づくのでした。外資系の社員って聞くと「優秀」と思われてしまう理由。英語以外に、素晴らしいスキル・能力がある人として見られるからということを。

 

実際にこの頃、友達に「外資系で働いている」と言うと『すごい!』『エリートだ!』とほめられましたが、


そんなことは断じてありません。

 

優秀なみんなと違って私は「英語ができる日本人」の特権を活かして運よく入れたに過ぎません。


今の私に...英語以外に何がある...?
そんなことを考えていると上司がこう言ってきました。

 

「おまえも頑張れよ!」

f:id:kanatasaya:20180223230034j:plain

私の不安を見抜いたでしょうか。
よく怒られる上司からの思わぬ激励にびっくりしながらも「はい!」と返事しました。