現地採用になって良かったことについて

ネットを検索するとデメリットについての記事がよく取り上げられる現地採用。

しかし。私は現地採用を経験できて良かったと思っています。

 

それはフィリピンの現地採用になって数カ月後のこと。

 

日本の本社と駐在員の板挟みにあったり、

www.kaigaishi.com

 

経験0で任せられた通訳・翻訳業で苦戦したり、

f:id:kanatasaya:20180214171317j:plain

 

やったことない仕事を頼まれてお腹を痛めたりと仕事に追わながら膨大な仕事に心が折れそうになる日々を送ていました。
でも、私は満足していました。

理由は「経験したことない仕事にも挑戦できた」から。

日本にいた時は「経験がない」という理由で仕事を任せられないことが多かった。でも、現地採用になったら逆です。

少人数で仕事を回していたため、経験がない仕事も次々とお願いされました。そのおかげで夢の一つだった「通訳・翻訳の仕事をする」を叶えることに。

その他にも、

・面接対応
・監査対応の補佐
・スタッフへのトレーニング

と幅広い仕事をすることができ、非常にいい経験になりました。
ただし。実力がないと仕事の量に溺れてしまうというデメリットはあるので気を付けないといけませんでした...。

 

f:id:kanatasaya:20180214173806j:plain

仕事で溺死しそうな私でしたが協力してくれる現地スタッフたちのおかげで仕事を続けれました。