海外就職先から退職。フィリピン現地採用の帰国準備

上司からの引き止めにあいながらも、退職が決定。体調の悪化で倒れないようにしながら帰国までの日々を全力で過ごす。

海外就職先のブラック化【完】フィリピン現地採用を辞めると決めた日

フィリピン現地採用として長時間労働をこなす毎日。心と体の限界に仕事を続けるか日本に帰国するか迷い、そしてついに決断を下しました。

海外就職先のブラック化⑤ 日本より過酷?休まない駐在員と先輩の話

休日出勤、持ち帰り残業、会社に泊まり込み。長時間労働で休まない駐在員と先輩。”未来の自分”かもしれない姿に現地採用を続けるか迷い始めてしまう。

海外就職先のブラック化④ 「うつ病」寸前の現地採用

日本の本社に従って導入された長時間労働で悲鳴をあげるフィリピン拠点。余裕がなくなった職場で現地採用の自分も心を病むようになってしまう。

現地採用の涙。仲良しフィリピン人スタッフの退職

長時間労働で笑顔が消えた職場からついにフィリピン人スタッフの何人かが退職してしまう。しかも彼らは現地採用の私に優しくしてくれたスタッフ達だった...。

海外就職先のブラック化③ フィリピン現地採用が病院に行ったら...

フィリピン就職中に体調を崩してしまい最先端の病院、マカティ・メディカル・シティに行くことに。「日本人サポート」の助けを借りて診察へ。

海外就職先のブラック化② 長時間労働で体調を崩すフィリピン現地採用

余裕のない職場。食欲不振による不健康なダイエット。フィリピン就職して襲ってきた長時間労働により体調が崩れてしまう。